インフラ系の知名度を上げよう!

認知度が低いインフラ系のベールをはがす!魅力的な将来性とは

変わりつつあるインフラエンジニアの実像

IT業界では、システムエンジニアやwebエンジニアといった最新のスキルを使って新しいものを作り上げていく開発系の職種ばかりが注目を浴び、その土台を支えているインフラ畑の人間を正当に評価してこなかった傾向がありました。
そのため、彼らのキャリアパスも今ひとつ不明確で、なんとなくスペシャリストとして現場を仕切るのが通例となっています。

しかし、インフラをないがしろにしてはIT業界そのものが成り立ちません。慢性的な人手不足に陥り、遅まきながらその事実に気付いた現在、インフラエンジニアの育成についての議論が盛んに行われています。

その中で浮き彫りにされたのは、この仕事を行うには幅広い知識とトラブル時に顧客に対して適切な応対をするためのコミュニケーション能力が必要だと言うことです。
さらに、これからは開発とインフラ系の垣根が低くなり、エンジニアには等しくプログラミングの能力が重要になってくると言われています。
そうなるとインフラエンジニアの行きつく先はスペシャリストという昔ながらの固定概念はしだいに崩れていくでしょう。

IT業界で管理職と言えば、プロジェクトマネージャーがその代表的な存在ですが、これまではシステムエンジニア出身者が大半を占めていました。
しかしこれからは、知識と対人能力とプログラミング能力を併せ持ったインフラエンジニア出身のプロジェクトマネージャーも、存在感を発揮するようになるのではないでしょうか。このようなインフラエンジニアの将来性について、気になるサイトを発見したので共有します。>>>インフラエンジニアのキャリアパス研究所