インフラ系の知名度を上げよう!

認知度が低いインフラ系のベールをはがす!魅力的な将来性とは

インフラエンジニアの重圧とやりがい

インフラエンジニアは、非常に責任の重い仕事だと言えるでしょう。ひとたびトラブルが発生すれば、ネットは外部から遮断されて企業は通信業務において孤立した状況に置かれることになります。
ネットを利用して行われていた業務はすべてストップし、その時間が長ければ長いほど損失を生むので、復旧に努めるエンジニアのプレッシャーは並大抵のものではありません。

しかし、さらに恐ろしいのはセキュリティの問題です。
ネット上では、常に大量の機密情報が行き来しています。もし、セキュリティに穴があって、その情報が漏れていれば、これはもう損失などいう言葉では語れません。
企業存続の危機です。

万が一にもそのようなことがないように、インフラエンジニアはあらゆる注意を払わなくてならないのです。気苦労が絶えない仕事ではありますが、それだけにトラブルに対して迅速に対応できるようになった時は、大きな達成感を味わうことができます。

また、トラブルに対して頼られる人材となることで周囲からも厚い信頼を得ることができるでしょう。
そのことは企業内でのキャリアパスにも良い影響を与えるはずです。必要なのはトラブルを恐れない強い気持ちです。そのためには、トラブルに対する予習は欠かせません。

想定されるトラブルに対してどう対処するかを繰り返してシュミレーションすることが大切です。
そうすれば、いざという時には努力に裏付けされた自信をもって事に臨むことができるでしょう。

Leave a reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>